ホーム > ■レンタル楽譜 > ●作曲家 > ▲長生 淳 > 紺碧の波濤

紺碧の波濤

<曲目解説>
 この曲は創価グロリア吹奏楽団より委嘱を受け、そして「こういった曲を」というテーマを戴いて書いたものです。そのテーマは「悲劇の英雄」。これは誰しも思い描くものがそう変わらないもののようでいて、しかし案外人によって、誰を思い浮かべるかが違うのではないでしょうか。どういうところに英雄らしさを感じるか。それが、結構違うからなのだと思います。私は、どの人というのではありませんが、悲劇の中にあって、運命をうらむのではなく静かに受け入れる、そんな人物に憧れを感じます。それは諦めとは違い、背筋がすっと伸びた生き方で、凛とした気概、と言ってもいいかもしれません。そんな英雄が、暗い波濤に滅びの予感を重ねて見据え、静かに受け入れつつも、さすがに胸の内には様々な思いが去来する・・・といったところを描いたのが曲の前半で、後半では、その波濤の真っただ中に入っていきます。
(長生 淳)
3

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に