ホーム > ■レンタル楽譜 > ●編曲・アレンジ作品 > シベリウス : 交響詩「フィンランディア」

シベリウス : 交響詩「フィンランディア」

名作を違和感なく吹奏楽で楽しむために

フィンランド音楽の父シベリウスの代表作。劇的な導入〜苦悩に満ちた旋律〜輝かしいファンファーレ〜中間部の賛美歌〜クライマックスと、心憎いばかりの構成で聴くものにイメージと興奮を完全に与える、血沸き踊る名曲中の名曲です。
この曲がこれほどまでに人々の心を打つのには、フィンランドが置かれていた政治的状況(長らくロシアとスウェーデンからの侵攻に悩まされ続けていた)が深く関わっています。1899年当時、フィンランドを統治していたロシアが「ロシア語公用語化政策」を発令しますが、それに対しフィンランド国民の怒りが爆発します。シベリウスも愛国心を鼓舞するような劇音楽「歴史的情景」を作曲しますが、その曲中「フィンランドの目覚め」の場面の音楽を転用したのが、この「フィンランディア」です。そのため、一時この曲は帝政ロシア政府から演奏禁止令が出されたほどです。
シベリウス独特の、和音がにじむようにズレる管弦楽法はこの曲でも健在です。この編曲ではそれら独特のオーケストラ書法が自然に吹奏楽で表現されるよう、さまざまな工夫が施されています。特に、バンドの実情に合わせて演奏できるよう、随所にオプション音を多用していますが、これらをどう演奏に取り入れるかが、原曲との違和感のない、バランスの良い演奏の大きなポイントになることでしょう(CDでは、冒頭〜Aまでの木管、L〜Mまでのチューバのオプション音を演奏しています)。(鈴木英史)
3

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に