ホーム > ■出版楽譜 > ●アンサンブル > ▲打楽器 > 水の記憶 【打楽器4重奏-アンサンブル楽譜】

水の記憶 【打楽器4重奏-アンサンブル楽譜】

販売譜
水の記憶【打楽器4重奏-アンサンブル楽譜】
商品名 水の記憶 【打楽器4重奏-アンサンブル楽譜】
商品コード CEM-037
価格 4,320 円(税込)
ポイント 200 pt
個数
全体を通してメロディックな曲想で、主にヴィブラフォンがメロディーを担当します。後半はスピード感に溢れたメリハリのある楽曲です。似ている音色の楽器が使用されていないため、各楽器の音がはっきり聴こえ音響的にも面白い作品。曲の難易度と使用楽器が標準的なためスクールバンドにオススメです。

【曲目解説】
この曲は、「小川佳津子&ステラ21」の委嘱作品です。
「なるべくスクールバンドにある楽器を使う」「なおかつやりがいのある曲」―小川先生からの要望は、この2点でした。唯一珍しい楽器は「チャフチャス」という、乾いた木の実をたくさん繋げた民族楽器です。曲の冒頭に登場する、せせらぎのような音がする楽器です。民芸品屋さんに数百円のものが売っていたりもします。(動物の爪を用いたものもあります。)
チャフチャスの他にもバンブーチャイムなど、木製であるのに水のような音のする楽器は少なくありません。よくよく考えてみると、不思議だと思いませんか?「木」なのに「水」の音…。もしかしたら、その細胞の一つ一つに”水の記憶”を刻み込んでいるのかもしれません。
冒頭は、拍は関係なくCrotales→Glock.→Vib.の順で入ってください。前半部分は、旋律を歌うことを最重視してください。そのために多少テンポが揺れるのはかまいません。後半部分は、リズムの持つビート感が重要なので、楽器や強弱が変わってもテンポが狂わないように。四重奏ですが、楽器の種類が多く持ち替えもあるため、セッティングやマレットの選択にも注意してください。
今回のCDにはロングバージョン(約7分)が収録されていますが、ショートバージョン(5分弱)で演奏する際のカットの指示も、楽譜に書きこんであります。(加藤大輝)

■加藤大輝 (KATO, Daiki) プロフィール
岐阜県生まれ、練馬区在住。尚美ミュージックカレッジ専門学校コンセルヴァトアールディプロマ科(打楽器専攻)修了。幼少の頃よりピアノ・作曲を、中学より吹奏楽部・管弦学部・市民バンド等で各種管打楽器を広く浅く経験。
最近は作編曲家としての活動のほかにも、打楽器の演奏・指導、ピアニストとして管楽アンサンブルや演劇との共演等、多方面で研鑽を積んでいる。
第45回TIAA全日本クラシック音楽コンサートに出演、奨励賞受賞。2010年尚美ディプロマ選抜フレッシュコンサートに出演。
これまでに打楽器・マリンバを、小川佳津子、百瀬和紀、日比一宏、小澤篤の各氏に、作曲を、鈴木英史、広瀬勇人、高橋伸哉、武野晴久の各氏に師事。

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に