ホーム > ■スタディスコア > 【スタディスコア】 吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」 (全楽章)

【スタディスコア】 吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」 (全楽章)

【スタディスコア】 吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」 (全楽章)
 I楽章
 II楽章
 III楽章
 IV楽章
演奏時間 : 約30分(全4楽章通奏時)

I.衝動 (演奏時間:約8分半) グレード:5
II.情緒 (演奏時間:約5分半) グレード:5
III.祈り (演奏時間:約8分半) グレード:4
IV.陽光 (演奏時間:約9分半) グレード:4

参考音源CD
高 昌帥 吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」
(演奏:神奈川大学吹奏楽部)
/CAFUA CACG-0086
グレード4 グレード5 スタディスコア
【スタディスコア】 吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」
商品名 【スタディスコア】 吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」 (全楽章)
商品コード CSS-1052
価格 5,500 円(税込)
ポイント 250 pt
個数
【スタディスコア】とはレンタル楽譜のスコアのみを販売するものです。
作品をより深く理解するための楽曲研究に、またレンタル楽譜を申込む前にスコアをみて確かめたい方にお役立て頂けます。
演奏の際はレンタル楽譜のお申込みページからレンタル契約の上ご利用下さい。

※スタディスコアは閲覧および楽曲研究を目的としておりますので、スタディスコアを使用しての演奏(電子オルガン含む)、編曲など実演目的でのご利用は固くお断りしております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。

演奏の際はレンタル契約が必要です。
レンタル楽譜のお申し込みはこちらよりお願いします。


※このスタディスコアはI〜IV楽章を含む全楽章が含まれており、2冊1セットとなります。

曲目解説
2002年の冬、大学の先輩にあたる渡辺秀之氏との出会いがきっかけで、「吹奏楽のための風景詩」が生まれることになりました。度重なる語らいから多くの刺激を受け、まず関西大学応援団吹奏楽部委嘱作品として「祈りのとき」を、次いで宝塚市吹奏楽団委嘱作品として「陽が昇るとき」を作曲し、両曲とも渡辺氏にタイトルを命名して頂き、初演のタクトも執って頂きました。この二つの作品が作曲された当時から、もう一つか二つ作品を付け加えて、最終的には全体として交響組曲のような形をとることを漠然と構想していたところへ、富山県のウィンドアンサンブル「一期一会」と創価学会関西吹奏楽団から委嘱があり、それぞれをスケルツォ楽章と冒頭楽章とすることで、ついに完結した形をみることができました。このようないきさつから、出自も作曲時期も隔たりのある作品が並ぶわけですが、それぞれの作品には共通する音楽素材を用いることで全体としての統一を図っています。(尚、「諧謔のとき」と「祈りのとき」は、チクルスとしての観点から、前者は編成の面で、後者は曲の結尾をそれぞれ改訂し、各楽章のタイトルも改めました。)

I. 「衝動」 創価学会関西吹奏楽団委嘱作品
テュッティ(総奏)による激しい前奏に続き、唸るような性格の第一主題と、フルートソロが奏でる叙情的な第二主題を展開させる主部、前奏と同じ内容を持つ後奏から成ります。

II. 「情緒」 ウィンドアンサンブル一期一会委嘱作品
全曲を通して6/8拍子で記譜されているにもかかわらず、3/4拍子や小節をまたがっての3/2等が混在し、ときには同時に奏でられるなど、リズム的に常に不安定で諧謔的な性格を持ちます。「衝動」の第一主題を断片的に引用する主部と、それとは対照的に歌うような中間部をもつ三部形式で書かれています。

III. 「祈り」 関西大学応援団吹奏楽部委嘱作品
ノスタルジックな雰囲気をもつ金管のコラールに始まる第一部、暗鬱でメロディアスな第二部が、遅い三拍子の中間部を挟んでそれぞれが変奏・展開されていきます。

IV. 「陽光」 宝塚市吹奏楽団委嘱作品
フルートとサックスソロが奏でるモティーフ(「衝動」と強い関連を持ちます)に始まる前奏と、安定した調性を持つ部分(「祈り」と部分的に関連を持ちます)、前奏のモティーフを用いながらもテンポの速い主部、の三つの要素からなり、最後はタイトルが示すように輝かしく曲を閉じます。

関連商品

高 昌帥 : 吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」

通常価格: 2,934 円
2,054 円
全曲ノーカットの演奏「神奈川大学」のライブ盤!

吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」 (全楽章)

55,550 円
演奏するにはレンタル楽譜をお申し込みください

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に