ホーム > ■出版楽譜 > ●アンサンブル > ▲木管 > 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第3番 【サクソフォーン4重奏-アンサンブル楽譜】

無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第3番 【サクソフォーン4重奏-アンサンブル楽譜】

販売譜
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第3番【サクソフォーン4重奏-アンサンブル楽譜】
商品名 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第3番 【サクソフォーン4重奏-アンサンブル楽譜】
商品コード CEM-011
価格 5,616 円(税込)
ポイント 260 pt
個数
6つの組曲からなるバッハの名作を新進の作曲家・北方寛丈がアレンジ。
サックス4本で奏でる音はパイプオルガンの響きにも似て演奏効果があります。


【曲目解説】
J.S.バッハの音楽は、あらゆる全てを持ち合わせていると言って過言ではないだろう。民族・宗教・前衛・大衆・人間・自然…。あらゆる感情さえも含まれている。そんなバッハの音楽に魅せられた人たちが、今日まで様々なかたちに編曲してきているが、この曲も例に漏れず、多様なヴァージョンがある。

かつて私がヴァイオリンで原曲を弾いた記憶が非常に生々しく残っており、その感覚を求めた結果が、このサックス四重奏版となった。「前奏曲」は、もっとも難しく、もっとも輝かしい楽章。そこでは全てが露呈されていて、圧倒的で濃密な空間を作り出す。
「ルール」は、アルト・サックスがフューチャーされ、唯一バロック・スタイルを貫いている。「ガヴォット」は、ラフマニノフのピアノ用の編曲が素晴らしいので、それが更に活きるようなアレンジを心掛けた。「メヌエット」は、1つの旋律をバラバラに受け持ったり(音色旋律と言われる)、バグパイプを模したような響きが出てきたりと、優雅ではあるが、従来の踊り方では踊れないかもしれない。「ブーレ」は、バッハに無礼なほどアレンジが加えられており、最後はほとんど崩壊寸前の寸劇のような楽章。「ジーグ」は、また落ち着きを取り戻して楽しく戯れる。ラストは4人のユニソンで力強く幕が閉じられる。ガヴォットの説明で触れたが、ラフマニノフがプレリュード、ガヴォット、ジーグを編曲している。

どれも素晴らしいが、あまり知られていないのがもったいなく、またサックスとの相性も良いと判断し、随所にちりばめた。生の讃歌のような曲だと昔からの想いがあった。原曲を貫くある種の幸福感を、違う角度、違う形でお見せできたら幸いです。
(北方寛丈)
3
■編曲者 プロフィール
北方寛丈
1981年、石川県出身。 愛知県立芸術大学音楽学部作曲科を首席で卒業。桑原賞受賞。作曲を鈴木英史、北爪道夫両氏に師事。ピアノを米谷昌美、北住淳両氏に師事。2005年、仙台フィルハーモニー管弦楽団第200回定期演奏会委嘱作品として、菅原拓馬氏との共作「コラーゲンII」が初演される。東京公演ライヴはFONTECよりCD化されている。2007年、「パーカッション・ミュージアム作品募集2007」採用作品として「フラメンコタムタム」(打楽器五重奏)が選ばれ初演された。吹奏楽・劇伴音楽・編曲も手掛ける他に、トランペット、サックス、ピアノ、ドラムセットのカルテット「TRI4TH(トライフォース)」のメンバーとして活動中。ジャンルの垣根を越えた独自のサウンドを展開している。

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に