ホーム > ■レンタル楽譜 > ●作曲家 > ▲天野正道 > トラジチニ・ソナタ・ナ・ジュレバカ・イ・プウォーヴエ

トラジチニ・ソナタ・ナ・ジュレバカ・イ・プウォーヴエ

レンタル 大編成版 グレード4
商品名 トラジチニ・ソナタ・ナ・ジュレバカ・イ・プウォーヴエ
商品コード 1161
価格 34,560 円(税込)
ポイント 0 pt
個数
曲目解説
この作品はグラールウインドオーケストラの委嘱によって作曲され、2014年6月22日にミューザ川崎シンフォニーホールで、佐川聖二氏指揮、同オーケストラで初演された。一応「ソナタ」という単語が入っているが、タイトル自体には大して意味は無い。別に「あれ」でも「こいさっさ」でもさほど違いは無いという事である。因ってポーランドの辞書を買ってきて調べても、その意味と作品の内容とは全く関係無いので悪しからず。
元々この作品は演奏時間16〜7分の長さだったが、その中から初演指揮者であるマエストロ佐川好みのフレーズ、フィギレーションなどを抽出し、変形されたソナタ形式を用いて再構成したのである。その為、残りの部分を再構成した全く雰囲気の違う作品も同時に仕上がっている。
曲は打楽器アンサンブルによる序奏の序奏で始まり、ブラームスの交響曲第1番1楽章冒頭的な雰囲気の〔ブラームスは6/8,こちらは3/4なので色々違うが〕序奏、4/4アレグロの第1主題、第一主題確保、推移に続いて平行調による第2主題、第2主題確保に続いて小結尾、と進んで行く。ここまでは正統的なソナタ形式の提示部。続いてテンポが落ち、PianoとVib.の織りなすatmosphereの上でT.Sax, Sop.Sax, Cla.Bariton(euph.持ち替え)がソロパートを受け持つ。この展開部は大幅にカットしたので第2主題の展開がほんの少し表れるだけで再現部に突入することになる。続いて提示部を発展させた再現になるが(展開部を大幅にカットしたため)通常主調で再現される第2主題は掟破りの下属調で再現される。ここからマエストロ佐川好みである一番の泣き所となる。小結尾も提示部とは趣を変え、泣きのたたみ掛けに変形され、序奏モティーフによるコーダとなり,曲は終了する。(天野正道)

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に